UpupFile 小豆島から


00/8/12-8/15


08/12/00 No.179   Olive island


さぁさぁ!今年もやってきました小豆島
どこにあるのか知ってますか?
瀬戸内海の淡路島のお隣


島の形は「うしさん」


その前足のさきっぽあたりにいます。
(全然わからんかな?)

Olive islandなーんてさ・・・

メジャーなビーチは宣伝してるけど

オレたちがいるとこは観光施設もコンビニもない
そんな海と山に挟まれた静かなところなんだな


ナゴヤを出たのが12日の午前1時
普通なら4・5時間程で姫路の飾磨埠頭(しかま)に着きます
(夜中ゆえぶっ通しで走ります)

淡路島とは違い橋がありませんから
フェリーに車ごと乗ります。


おとうさん(Upupさんのことです)はビールをいっき飲みして
暴睡しますだぁ!
Guuuuuuuuu(_ _)Zzz
わずか2時間ですがね・・


そりゃ家族はみんな車の中で熟睡してますから

そりゃ、こういっちゃなんですが
おとうさんの苦労なんてのとこを少しは考えてもらいたいと・・・


夜明けと共に遠くに島陰が見えるでしょ
もー興奮は一気に盛り上がり連中大喜び!
「きゃーっ!島よぉ!」

島よぉって・・・あのなぁ・・・



まっ、今年も元気だね!ってことか。うんうん



だから着いたその日、おとうさんは
かたちは人間でもクラゲ状態・・・・
動いてるけど芯がない
ABA Gamesへたれ時計みたい・・・



でも不思議なんだよね
朝飯食って、ひとねむり(1時間)すると元気になるんです



さぁ!ピチピチギャルなんか
ぜんぜんいない、教育的なビーチに
缶ビールとあたりめ持参で行くぞょ!




おい、ゲームボーイはいらんだろ!

置いてきなさい。もう・・・


Visorもだめ?Upup





08/13/00 No.180   昆虫採集だぞ


夏休み特別

Upupの昆虫採集で行こう!


皆さん、セミとりしてます?

かつて昆虫採集は夏の宿題としては
比較的に楽な見栄えのいいテーマでした。

もちろん、Upupさんのガキの頃ですけど。


今時あまり見ませんねェ
麦藁帽子に捕虫網
(ちょっと古過ぎ・・・)


子供ってさ興味はあるんだろうけど
きっかけがないだけだと思うんだよね


ちょっと教えてあげれば子供たちも
昆虫たちのことを、軽軽しく気持ち悪いなんて
思わないはずなんだ


で、毎年のように小豆島の山の中をふらついているんです。
(誰もついてきてくれないから一人の方が多いけど・・・)


たとえば、蝉(せみ)
こいつらくらい自己顕示欲の強い奴はいない
こいつらが鳴かなきゃ夏じゃないもんな


この蝉の事を子供達に話す、たとえば・・・


「いいかいKouくん、たとえばアブラゼミはね
卵の状態で冬越しをし、
幼虫になるのが次の夏だ。
そしてその後、土の中で5年も暮らすんだよ。」



「ヘ(゚◇、゚)ノ~らりらり〜」


「さっきパパが見つけてきた幼虫はKohくんが
赤ちゃんの国で順番待ちしてる頃産まれたんだぞ。」



「('_'?ほや?」


☆夕方、そうですね7時頃かな公園に行って
木の根元の方を見てください。セミの幼虫が見つかると思います
そいつを持って帰って網戸なんかにひっかけてやれば
まもなく羽化が始まります。
羽の透き通ったクマゼミなんかはそれはそれは美しいです。



おまけ

標本の作り方

展翅板(羽を広げて固定する為の板)
昆虫針  00号(細い)〜5号(太い)
展翅テープ(パラフィン紙)
注射器(消毒用アルコール70%)
(有名デパートに行けばたぶん時期ならありますよ)


紙面の関係上(なんでや?)
ポイントだけね

  甲虫類(カブトムシ、クワガタ等)
死んでから3日もすると腐ってきます
ですからすぐに消毒用アルコール70%を
腹部を中心に注射しましょう。
脚がすぐかたくなるので
なるべく早く昆虫針で形を整えます。(展足という)
  とんぼ、キリギリスなどの標本
とんぼや他の肉食の昆虫はたいへん腐り易く、
小型のものを除いて内臓削除手術が必要です
手術といってもメスもしくはカミソリで切り開き
内臓を取り出してアルコールで消毒するだけです
後は詰め物をして形を整え、
できるだけ急速乾燥させたほうがいいでしょう



なんだか気味の悪い話ですが
きちんと処置を施せば、
尻尾がもげたり、異臭、他の虫の繁殖といった
いやーなトラブルはおきません


セミ、チョウは肉食ではないので
基本的に腐りませんから、そのまま
展翅、展足をして乾燥させます。

乾燥は直射日光は避け長ければ長い方がいいです
あわてて展示ケースに収めると変形する事がありますから
気長に固定したまま乾燥させましょう


10年たっても変色変形はありません
まるで生きているような姿です


そのためにも、標本作りははじめが肝心なのです



あれれ?
オレ、何喋ってるの?
いかんいかん!
つい、夢中になってしまいました








08/14/00 No.181  霊場


小豆島にも四国みたいに
小豆島八十八ケ所霊場なーんてのがあるんです


小さな島ですから隣の札所まではすぐ近く
Upupさんの行く昆虫採集の秘密の場所も
お遍路さんが歩く山道です


なんでも、真言宗の開祖である弘法大師空海が
生国の讃岐から京の都への上京する行き帰り
親しくこの島に立ち寄られ、山野海浜巡錫し、
各所で祈念したことがいしずえとなったそうです。



 れいばなんてなんか怖いっすよね


つまり、祈念と修練の道場なんだそうで
島の岳、野、谷に点在する霊場をくまなく参行することなんです
詳しくはリンクしてみてください
(なんかよくわからんです)


とにかくこのお遍路が恐いのだ。
人がすれ違えるくらいの道だからね



この地区は
二十九番 風穴庵(かざあなあん)
って言うんだけど

山の岩板に穴があってね
つめた-い風が吹いてくるんですよ



この先三十番へも二十八番へも
山の中を行かなくてはなりません。
とくにこのあたりは町の札所と違って険しいのです

暗ーくてね、夏だからじめじめしててね

「あれ?ここってさっき通ったんじゃない?」みたいな・・・
歩きだすと、話声が・・・


海での遊びに飽きたらぜひ!
きっと、お気に入りの妖怪に会えますよ


うひょひょ・・・・



(ここだけの話ですからね。ほかに行ってないから)



さぁ今日はプールに行くぞ!
小学校のプールちゃうで
リゾートエリアのおしゃれなプールなのだ!


ピチピチピチピチ-ッ!



ぬおおおおっ!(+_+)\バキッ!!

プールだぞ




08/15/00 No.182   おうちに帰ろう!


あっという間に終わっちゃったね、
帰るときってのはいつもさみしいもんです
はなび
オレたちが帰ったら
また、じいちゃん達だけだもんな。


うるさい連中がいなくなってせいせいしてるか
そうかもな


それにしても・・・


島の甥っ子達が
「またこいよ!ばいばーい!」
なんて叫びながら追いかけてくるのが
バックミラーで見えるでしょ・・

まじ、じーんとくるよね


やっぱ、いなかっていいです
街で生まれ育ったオレには答えられない良さがある


かみさんとの結婚も
出身が小豆島ってのが
決め手になったくらいだからな



かみさん:「あら?そーなの・・・へぇぇ・・」


わははは(+_+)\バキッ!




@@@@@@@@@@@@@@@ @@@@@@@@


みなさん!お世話になりました!

92歳のじぃちゃん、ありがとう
いっしょに子供達と遊んでくれた、いとこのみんな、ありがと!
(見てないっか・・・)

来そうで来なかった台風さんありがとう。
そして

高松のたきさん!
BBSへの書きこみありがとう!

もちろん、この休暇中見にきてくれたすべてのみなさん
ありがとうございました!








08/16/00 No.183  ドキュメント



帰ってきました。

行きに渋滞で10時間も連続運転させられたから
帰りもきっとそうだろうと思って覚悟してたのに

なんと!
姫路(中地ランプ)から自宅まで4時間半
スピード記録の更新だぜ


小豆島から姫路港に上陸。姫路バイパスを経て加古川バイパス
第二神明、阪神高速(なんか飛ばしたかな)
甲子園を横目で見ながら西宮JCから名神高速へ
中国道との合流ポイントの吹田をなんなくクリア
毎年地獄の渋滞を楽しませてくれる天王山トンネル
ほっとする暇もなく滋賀県大津、栗東もすんなり通過
北陸道の合流点、米原JCもあららーなんて言ってるうちに
時速152Kmで通過(うそやで・・)

そんな時ラジオが一宮インター先で事故発生を知らせる!
急きょ滋賀県関ケ原インターから一般道へ・・・

豊かな田園風景の中を
愛車初代MPV Upup Specialが走る



そうだね、バックには
PATLABOR IMAGE SOUNDTRACK "INFINITY"から
INFINITY
「コンテナ・トラック」がいいな

これがわかる人!あなたはすごい!
ぜひUpupにメールを(+_+)\バキ!




さぁ、先を急がないと

一般道といっても国道なんかを走っていたのでは
高速を降りた意味がない。
無論裏街道を縦横無尽に走るのさ
けけけっ!


国道258から東名阪桑名東インターから再び
高速走法にシフトアップ
渋滞はまるでない・・・快適な走りだ

子供たちもフェリーを降りた頃は元気一杯だったが
今では後部セットしたベッドでぐっすり眠っている

名古屋西JCで名古屋高速へ
吹上インターに向けてアクセルを踏む

吹上インターを降りたら15分程で家に着くはずだ


そんなころ子供達が起きてきた

「おなかすいたよぉ・・・」

「もうすぐおうちに着くからね、コンビニでお弁当・・・・」

(おいおい、コンビ二弁当かい)

「あそこのレストランで食べようよ…」

(さすがはオレの子だ!)

こいつらって(もちろん奥さんを含む)
寝てたからまるでワープしたような気分だろうな


そのくらい今回のリターンは早かった
それは次の彼女のセリフからもわかる・・・


「ここどこ?ええっ!今何時なのすっごーいっ!」

(たいした言葉ではない)


これだけ早いのもめずらしい!
帰る日が分散したのか、たまたまなのか
とにかくびっくりした!

行く時は10キロ走るのに2時間かかったからね


とにかく今年も無事に帰ってこれたから
なによりです。


さぁ!


お休みが過ぎれば
いつもの生活がまた始まります

宿題は?

PEGは?


頭イタイのです・・・・